国際事情 トランス脂肪酸

日本でも最近は、「トランス脂肪酸」という言葉をきく機会も出てきたと思います。
スーパーやドラッグストアによっては、マーガリンなどの値段表記の横に、丁寧にトランス脂肪酸の含有量を記載してくれているところも出てきましたね。

ですが残念なことに、食品自体に企業からの表記はありません。
知りたければ自分で調べる、自分で企業に問い合わせるしかない状況です。

このトランス脂肪酸、非常に怖い成分なのをご存知でしょうか?
マーガリンなどに含まれるのですが、心筋梗塞や生活習慣病を加速させ、あらゆるアレルギー疾患を増加させると言われています。

アメリカでは、このトランス脂肪酸の表記は義務付けられており、すべての食品に記載があります。
そして、トランス脂肪酸が0gと書いている食品がほとんどです。

アメリカは2018年までに、このトランス脂肪酸の使用を全面禁止をする予定だそうで、世界中でもこのトランス脂肪酸の恐ろしさを認識し、あらゆる食品に表記を義務付けている国が多いです。

そして日本、残念ながらこのトランス脂肪酸を取り締まる法律はいまだ存在しません。
マーガリンだけではなく、あらゆる油系のものに含まれており、パン、お菓子、油もの食品など、私たちが常に口にしている食品に多数含まれているのです。

日本は、通常日本人がとる食事に含まれるトランス脂肪酸は少なく、取り締まる必要がないと言っているそうです。
が、それは昔和食ばかり食べていた時代のことであり、現在の日本人の食事だと間違いなく、トランス脂肪酸はかなりの量をとっているはずです。
今後、日本も表記をしてもらえるよう、切に願いたいところです。アメリカ人の親が、子供に寝る前には甘いものをあげない、というのが一般的なのはご存知でしょうか?
「シュガーハイ」といわれることを心配しての習慣なのですが、筆者の米国人パートナーもわが子に寝る前に甘いものをあげるのはだめだといいます。
そして、寝る前に甘いものをあげてしまって子供が寝ない場合は、糖分を与えたからだ、と言うのです。

この「シュガーハイ」いったい何のことなんでしょうか?
シュガーハイとは、糖分をとることで興奮状態になっていることをさします。
空腹状態で甘いものを食べた場合、血糖値が急激に上がります。そして、一時的に興奮状態になってしまうのですが、これを繰り返すことにより、甘いものがなければ落ちつかない、といった状況を作り出してしまうケースがあります。

シュガーハイの子供は、甘いお菓子を食べることにより、急に活発になり興奮状態が続くのですが、そのことにより、学力の低下や集中力の低下もともなうこともあり、実はかなり深刻な症状なのです。

アメリカは甘いものが豊富にありますし、肥満大国なわけですが、日本だって最近は食生活の欧米化により、甘いものもたくさんあふれています。
子供にお菓子をあげるとおとなしくなるから、家事をしている間におとなしくいてもらおう、などと甘いものをついついあげてしまうのですが、こういった怖いケースをありますので、ほどほどにしておいた方がよさそうです。

2016年10月01日