ひたすら乾布摩擦とアーモンド

食べてみて美味しいだけでなく、身体に良い成分が色々と含まれているということで改めて注目を浴びている食品がアーモンドです。
アーモンドに含まれている健康成分の中でも特に有名なのはビタミンEです。アーモンドはビタミンEの含有量が食品の中でトップクラスに多くなっています。
ビタミンEは抗酸化作用を持つことで知られている栄養素で、ビタミンEを適切に摂取することで老化や成人病を防ぐといった、アンチエイジング作用があります。
また、アーモンドにはオレイン酸が多数含まれていますが、オレイン酸にはコレステロールを減らす効果があります。オレイン酸はビタミンEと同じく抗酸化作用を持ち、成人病予防、アンチエイジング効果が期待できます。また、オレイン酸は他の脂肪酸と違って酸化しにくいという性質があるので、安心して摂取することができます。
アーモンドにはこれら以外にも、マグネシウムやカルシウム、亜鉛などのミネラル分も豊富に含まれています。
このように、アーモンドはおやつとして食べるだけでも、ビタミン剤を飲むのに匹敵するほどの豊かな健康成分を含んでいます。ですから、普段から日常的に常備しておきたい食材の一つといえるでしょう。私は十代の頃から現在に至るまで、毎日の朝と夕の乾布摩擦を欠かしたことがありません。その恩恵がどこまであったのかは定かではありませんが、今まで病気という病気とは無縁の人生を送ってきました。
一般的に、乾布摩擦と言いますと、爺むさいような、古臭いようなイメージがあるのではないかと思います。私も実際そうでした。そんなことは時代錯誤な健康法だと少々小馬鹿にしていた節さえありました。
そんな私が乾布摩擦を毎日行うきっかけになったのは、他でもない私自身の祖父による影響なのです。祖父は我が家の隣に住んでいたのですが、やはり毎日乾布摩擦を行っていました。雪が降るような極寒の日も、うだるような真夏の日も、庭でせっせと豆絞り柄の手ぬぐいで自身の上半身をこすっていました。実際、祖父は104歳まで生きたのですが、私の知る限り床に伏していたようなことがないばかりか、風邪ひとつひかない人でした。
翻って、若い時分の私は病弱で季節に一度は風邪をひくような少年でした。そんな折、母がからかい半分で私に言いました。「じいちゃんみたいに、あんたも体をゴシゴシすれば?」と。いい加減、己の虚弱体質にうんざりしていた私は、それ以後、本当に毎日乾布摩擦を行ったのです。
するとどうでしょう。嘘のように、体が丈夫になりました。免疫力がついたと言いますか、風邪など流行病うとは無縁の体質になったのです。これには自分自身いささか驚きました。そして大変嬉しかったものです。
これが私が毎日、乾布摩擦を行うようになった経緯です。

2017年03月30日