善玉コレステロールを増やす方法・食べ物

◆善玉でもコレステロールを増やすと体に悪いんじゃないの?

近年、コレステロールの摂り過ぎによる肥満や体にもたらす病気についてテレビ番組やネット等で多く取りあげられ『コレステロール=動脈硬化の危険因子』というイメージがすっかり私達の中に定着してしまいました。

しかし、脂質には種類があり中でも善玉コレステロール(HDLコレステロール)と呼ばれる脂質は、体にとって必要な働きをする為、体になくてはならない栄養素の一つでもあるのです。

◆善玉コレステロールの役割

体内の血中壁にこびりついている脂質を回収する役割があります。
善玉コレステロールが体内に多いと血管にコレステロールが溜まりにくいため、動脈硬化や心筋梗塞の予防にもなります。

しかし、体内の中性脂肪が増える事で、この善玉コレステロールは減少してしまいます。余分な脂質を回収する善玉コレステロールが減少するということは血管の壁にこびりついたコレステロールを回収できなくなってしまい、病気のリスクを高めてしまうことになります。

◆善玉コレステロールを増やすには

・ウォーキング

毎日ウォーキングを行っている人と、そうでない人とでは善玉コレステロール値の差がまるで違うと言われています。

ウォーキングは有酸素運動の一つですので脂肪を大幅に燃焼させる効果が期待できます。ウォーキングで体に効果が現れるのは歩き始めて20分頃からと言われています。
毎日とは言いませんが、週に3日~4日ウォーキングの日を決めて歩くと良いでしょう。

歩く時はダラダラ歩くのではなく、姿勢を整えて、しっかりと深い呼吸を
特に道具を揃える必要もなく、仕事終わりに散歩ついでにできる運動です。

・水泳

水泳も有酸素運動の一つです。陸上での運動に比べ水による抵抗や負荷がかかるため高いカロリー消費が期待できます。泳げなくとも、ウォーキングだけでも構いません。膝にかかる負担が少ないため、歩きやすいです。

・筋トレでもOK!

冬の寒い時期はウォーキング、外に出ることすら億劫になりがちです。
家の中で筋トレを行い脂肪を燃焼しましょう。
可能であればサウナスーツを着て行うとより効果が見られます。
体幹

◆善玉コレステロールを増やす食べ物

・チョコレート

コレステロールと甘いもの、相対する関係性にある様に思えて、実はチョコレートのカカオポリフェノールが善玉コレステロールを増やしてくれるのです。
毎日25g程度が適量です。食べ過ぎはよくありません。

・トマト

トマトに含まれるリコピンという成分は善玉コレステロールを増殖させてくれます。
しかし、トマト一個に含まれる量はさほど多くありません。かなりの量を摂らなくてはならなくなるので、トマトのサプリメントだと多く摂取できます。

◆まとめ

善玉コレステロールを増やすには、日々の適度な運動と、体に良い食事が必要です。
そして、体に必要のないコレステロールを摂り過ぎない事が病気のリスクを減らす方法だと言えるでしょう。