すぐき漬けに含まれる善玉乳酸菌のラブレ菌で腸内の健康を維持しよう

京都に古くから伝わる特産の漬物、すぐき漬けは味の良さや見た目の良さ、希少性などで全国的に知られる有名な食材です。
しかし、すぐき漬けはただ美味しいだけではなく、身体に良い細菌を含んでいることでも知られています。その細菌とは、乳酸菌の一種、ラブレ菌というものです。普通の乳酸菌は摂取しても胃酸などにやられてしまって、腸までたどり着けない場合が多いのですが、植物性の乳酸菌ラブレ菌は胃酸を浴びても死滅することなく、腸まで生きたまま辿り着ける貴重な乳酸菌です。
このラブレ菌は最近までその存在は知られていませんでしたが、1993年に研究者の岸田綱太郎博士によって、京都のすぐき漬けからラブレ菌が発見されました。
それ以来、すぐき漬けだけでなく、乳酸菌飲料やサプリメントなど色々な健康食品にラブレ菌が添加されています。これらのものを摂取するだけで、腸内の善玉菌を増やすことができます。すぐき漬けは割と高価な漬物なので、頻繁に購入するのは難しい面もあります。しかし、乳酸菌飲料やサプリなら誰でも購入できる程度の価格なので、便秘などで悩んでる人は、こういった健康食品を利用してお腹の状態を改善してみるのもいいでしょう。